わんだふる☆らいふ~HARUの子育て日記

夫婦2人+子ども2人+ワンコ1匹の生活です☆元気な娘達と、ワイワイガヤガヤ過ごしています!
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンタクロースを信じてる?

時期的に早い話題ですが(笑)

昨日長女が

「ねえねえ。
サンタクロースって、信じてる人のところにしか来ないの??」

と聞いてきました

「そうだよ~!」

と答えると、

「言葉では信じてるって言っても、
心の中で信じてなかったら来ないの??」

と慎重に確認(笑)
さすが長女。

「もちろんそうだよ!」

と答えると、
納得した様子。

2年生になり、
お友達は信じてない子がけっこういるみたいで、
お父さんお母さんがプレゼント買ってると言うらしく。
でも長女はサンタクロースを信じてると言ってました

私も結構長いこと信じてたから、
子どもたちにも信じてほしいな~と思っています♪

ママは、テレビでフィンランドのサンタさんを見たことあるよ!(←ほんと)
と言っときました♪
サンタさんはたくさんいて、ちゃんとプレゼント配ってるんだよ~!と。

前にネットでサンタさんを卒業するときの手紙っていうのを見たことがあって、
(サンタさんから子どもへの手紙)
とても感動したので、
子どもたちにも数年後それを送りたいなと思っています!

気になる方は検索してみてください♪

今年のプレゼントは何になるかなぁ?

関連記事
スポンサーサイト
【 2013/09/19 】 子どもたち | TB(0) | CM(0)

メガネっ子になりました

先週、長女の眼科の通院の日、
先生に相談して、眼鏡の処方箋を書いていただきました。

1ヶ月通院したけど、視力も上がらないし、
もう、先生も作った方がいいと思ったみたいです

早速先週末に眼鏡屋さんに行ってきました!

子供用のフレームもたくさんあって迷ったけど、
濃いピンクのフレームに決定

お昼に行って、夕方できあがり。



長女、眼鏡をかけてみて、
とってもとっても嬉しそう

今までぼんやりとしか見えなかったものが
はっきり見えるんだから、
世界が変わるだろうな☆
そう思うと、今まで不便だっただろうなぁ・・・。
ごめんね。

でも突然長時間かけると、
目に負担になるので、
少しずつならしていくようにと
眼科で言われました。

最初はテレビや、黒板が見えないときだけ。

だんだん、遠くの景色を見たりして、
慣らしていって。

でも最終的にかけたり外したりしていると
より視力が下がるらしいので、
10月くらいを目安にずっと眼鏡の生活にしてくださいとのことでした。

長女、眼鏡ケースにシールも貼って、
とても大事に扱っています!

壊さないように!と心配していましたが、
今のところ大丈夫そうです

インテリっぽくてまぁ似合ってるので、
このまま前向きに眼鏡とつきあっていってほしいなと思います


パパが一言、
「今までピアノの楽譜見えてたの?」

・・・だから、読み間違えが多かったのかっ!!

これから譜読みも完璧になるはず?!w


眼科で働いていたお友達に聞いたところ、
目が見えづらい時って目を細めますよね?

うちの子もしょっちゅうしてました!

その目を細めることで目の周りの筋肉を使いすぎて、
より視力が悪くなったりするそうです。

私も視力回復に賭けるか、
眼鏡生活にするか、
かなり迷ったけど、
今は眼鏡を作ってあげてよかったな~と思っています♪

そういえば、次女の方も一昨年くらいに、
目の上を怪我して眼科に連れて行ったときに、
年齢の割に視力が低いと言われたことがあったので、
小学生になって視力検査でひっかかるかも?
こっちも心配・・・



関連記事
【 2013/09/14 】 病気・体 | TB(0) | CM(0)

コンクールとステップの結果♪

先日参加した、九州新聞社コンクールの結果ですが、

長女が小1・2年生で準グランプリをいただきました

次女は、最優秀賞でしたが、これはほとんどの子がもらっていたので、
参加賞みたいなかんじかな?

後日講評をいただいたのですが、長女、グランプリの子との差が2点!!惜しかった~

でも、2人とも初めてのコンクールで、緊張したと思うけど、
がんばりました♪

11月に二次予選があるので、また2人で参加したいと思います




で、その1週間後、ピティナ・ピアノステップに参加しました♪

こちらでは、S.A.B.C.Dと評価段階があり、
なんと次女が全ての審査員に、2曲とも”S”をもらえるという快挙

先生に聞くと、なかなかないそうで。
頂いたコメントでもお褒めの言葉が多く、
次女も今後の自信につながったようです!

長女は、間違えもあり、
B.G.F.・・・(←評価段階忘れました・・・)のうち、
”G”だったので、本人もかなり悔しかったようです。

かなり緊張していたようで、
次女との連弾も、
練習の時は次女の方が間違えていたのに、
本番では長女が・・・!
でもなんとか2人で息を合わせて立て直していて、
私は客席からハラハラドキドキで見守っていました



最後に5回、10回、15回と連続で参加している子たちに表彰があったのですが、
長女はそれが順位を発表されているのだと勘違いして、
表彰後、悔し泣きが止まらず・・・

アドバイザーの先生の演奏が始まっても
泣いており・・・

説明したら、泣き止みましたが、
相当悔しかったらしく、
また次回も参加したいと熱く語っていました!




この夏休みはピアノだらけ♪
他の子の演奏も聴き、先生方の素敵な演奏も聴き、
オーケストラの演奏も♪

素敵な経験でした♪

いつかコンチェルト出来るといいな♪
母の夢です♪

練習の大変さ、大切さ、
受賞の喜び、悔しさ、
いろんな経験をして、
子どもたちも成長できたと思います

また今月から普通の練習に戻りますが、
がんばろうね~
関連記事
【 2013/09/07 】 習い事 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。